本文へ移動

ふれあい・いきいきサロンのご紹介

『小外谷ふれあいクラブ』
2019-10-04
 定期的に集まりさんちゃん健康体操をしているサロンです。体操が終わった後は、近況報告を兼ねて、いろいろお話をされていました。
「いつまでも健康に過ごしたいよねえ。」「誰かの世話にならないようにさ。」と、自分たちがいつまでも元気に過ごせるように、この活動の他にも、ウォーキングをしたり骨盤体操教室に参加したり、皆さんの健康意識が高かったです。
 いつまでも変わらずに活動していただき、地域を元気づけていただきたいです。
『曲渕体操クラブ』
2019-08-28
 毎月第2と第4金曜日の午前、曲渕2丁目集会所からは、元気なかけ声が聞こえてきます。
 身近な地域に健康づくりを目的にした集いの場がほしいと、さんちゃん健康体操サポーターの方が中心となって立ち上がったサロンです。
 体操をして、しっかり体を動かした後は、輪になっておしゃべりに花を咲かせます。皆さん口々に『体操は1人じゃなく、みんなといっしょだから続けられる。』『出かける先があることが生きがいにつながる。』『楽しいおしゃべりがストレス解消になって元気がもらえる。』など、この会の良さを話されていました。
 『人と人とのつながり』が、健康を保つ秘訣になるとあらためて感じました。
『楢山つづく講座』
2019-08-27
 年齢を重ねていけば、どうしても行動範囲が狭くなり、出かける先が限られてくる。それならば元気なうちから地域の中に楽しい集いの場と仲間を作りたいという思いから立ち上がったサロンです。
 月一回の昼食をはさんでの活動のほかに、毎週土日の午後、さんちゃん体操を行っています。
 お邪魔した日は、当会で用意した簡単な健康体操を行った後、なつかしのメロディーをいっしょに歌いました。その間も笑顔があふれ、仲の良さが伝わってきました。
 始まってから今年で9年目。地域の皆さんの“居心地のよさ”を大切にする穏やかな憩いの場がここにはありました。
 サロン名には、「末永く続くように」との思いが込められているそうです。これからもずっと続いてほしいと願っています。
『八木鼻クラブ』
2019-08-09
 『仲間と健康こそが、なによりの宝物』と、毎週水曜日に下田八木鼻荘に集まり、さんちゃん体操とラジオ体操を行う元気なサロンです。
   お邪魔した日は、当会でお持ちした“スカットボール”をサロンの皆さんから体験していただきました。入りそうでなかなか入らない球の行方にハラハラドキドキ。夏の暑さも忘れるほど、盛り上がっていました。
   出かけること、無理なく体を動かすこと、また仲間と語らい笑い合うこと・・元気を保つ秘訣が揃う、大切な地域交流の場でした。
『石上寿サロン』
2019-07-01
 「石上公民館」を会場に、地区にお住まいの方が集う「石上寿サロン」では、スタート前から、素敵な歌声が響き渡り、月1回の開催を皆さん心待ちにしている様子が伝わってきました。
 この日は、季節に合った歌を歌ったり、ラジオ体操が行われました。その後は、おしゃべりやカラオケで盛り上がり、笑顔の絶えない、明るく楽しいサロンでした。
 今回は、実習生も一緒にサロンを訪問しました。実習生の感想は以下のとおりです。
 会場の管理がしっかりとされているため、誰でも通いやすい場であり、参加者に配慮した多様な活動計画が組まれていました。石上地区を舞台に、地域での仲間づくりを強く意識しているサロンだと感じました。(実習生 S)
『鹿峠サロン』
2019-05-29
 鹿峠地区にお住まいの方を対象とする「鹿峠サロン」は、集会場の「ほほえみ乃郷」で毎月2回、体操や茶話会を行っています。
 この日は、社協の相談業務に関することや地域包括支援センターの説明を聞いていただいたり、むせなどの予防につながる口腔体操を一緒に行いました。
 みなさん熱心に話を聞いてくださり、たくさんのご質問やご意見をいただきました。さらに、「これからサロンで口腔体操を取り入れてみようか。」という声もあがり、嬉しく思いました。
 みなさんが笑顔であたたかく出迎えて下さり、自然とおしゃべりに花が咲きました。とても居心地の良いサロンでした。
地域交流ルーム『ひだまり』でのサロン活動
2019-05-29
 第一中学校・嵐南小学校の中に併設されている地域交流ルーム「ひだまり」では、4つのサロンが第一中学校区にお住まいの方を対象に、さまざまな活動をしています。
 茶話会だけでなく、懐かしの歌を歌ったり、体を動かしたりと、活発に活動をされています。また、定期的に子どもたちとの交流会も行われています。
 お邪魔した日は、歌の先生が来られる日で、ピアノの伴奏に合わせて美しく大きな歌声が響き渡りました。後半からは、第一中学校の若草学級の生徒さんも参加し、一緒に校歌などを歌いました。
 さらに、この日は、市内の障がい者施設で作られた自主製品の出張販売が行われ、障がい者とサロン参加者が楽しそうに交流する様子がみられました。
 笑顔の絶えない、名前のとおり「ひだまり」のようなあたたかい空間でした。
『北入蔵寿サロン』
2019-02-22
 毎月10日、20日、30日の月3回活動をしています。
 おしゃべりをしたり、スカットボールをしたり、時にはかるたや将棋など、いろいろな活動を楽しまれています。
「うちのサロンは、男性がなかなか来てくれない。」という声をよくお聞きしますが、こちらのサロンは男性の会員も多く、会場設営やゲームの進行を率先してされ、皆さんで食べるおやつも、男性が「甘いものとしょっぱいものをバランスよく」と吟味して買ってきているそうです。
 男性も女性も皆さん仲良く活動していて、和気あいあいとしたとても和やかな明るいサロンでした。 
『さんのういきいきサロン』
2019-01-15
 2年前に山王地区で開催した作品展をきっかけに、定期的に集まる場をつくりたいと平成30年10月に発足しました。4回目となる本日の催しは『まゆ玉作り』。昔の習わしをよく知る参加者が講師となり、みずきに餅や飾りをつるし、正月らしい雰囲気を楽しみました。
 次回の内容はみんなで話し合いながら決定します。様々なアイディアが集まり、また一か月後の開催を心待ちにしている様子でした。
 始まったばかりで、まだ初々しさの残るサロンですが、春が訪れる頃には、今以上に暖かな憩いの場になっていると感じました。
『花桃の会』
2018-12-21
 とても素敵な名前のこの会は、大島地区の方が集うサロンです。
 昔から、近所の方々が民家に集まってお茶のみしていたそうですが、平成28年から、サロンとして公民館で毎月2回活動しています。活動時間は午前10時から午後3時までと長めにとってあり、自分の都合に合わせていつでも出入りできるようになっているので、途中からの参加でも楽しめます。
 お昼になると、机にはみんなが持ち寄った旬の素材を使った盛りだくさんのおかずが並び、「これ美味しいねぇ。どうやって作ったの?」などの会話が弾んで食事中も賑やかでした。
 歌を唄っては笑い、食事をしては笑い、終始笑いの絶えない明るく元気なサロンでした。

社会福祉法人
三条市社会福祉協議会

新潟県三条市東本成寺2番1号
TEL.0256-33-8511
FAX.0256-33-3004

0
5
1
9
8
8
TOPへ戻る