本文へ移動

地域のつながりづくり活動のご紹介

活動紹介

『とたにふれあいコンサート』
2022-10-08
注目
 
 
 下田外谷地区の旧中浦小学校跡地に建つ「とたにコミュニティーセンターひめさゆり」を会場に「とたにふれあいコンサート」が行われました。主催は週2回このセンターで卓球を楽しんでいる「たんぽぽの会」。交流施設であるセンターを拠点に地域のつながりのきっかけとなるような活動を目的に企画しました。
 
出演は三線奏者のみかんさんとギター奏者の一本道スヂオさん。素晴らしい演奏と歌声に会場が一体となって盛り上がりました。特に外谷地区出身一本道さんが、廃校となった中浦小学校校歌を歌った時は参加者も一緒になって歌い、昔を懐かしむ機会となりました。
 

『コロナ禍でもつながりを保つお楽しみ会』
2022-08-02
 感染症に配慮しながら、地域のつながりを切らない取組として、老人会が中心となりお楽しみ会が開催されました。
 「コーラスレモン」さんの爽やかな歌声と懐かしい曲の数々に、若かりし頃に戻れたような素敵な時間を過ごしました。
その後レクダンス「スイトピー」さんの華やかなダンスに魅了され、最後はスカットボールで、球の行方に一喜一憂、会場が一体となって盛り上がることができました。
 「久しぶりに集まれてうれしかった」「うちにいてもこんな楽しいことはないから参加して良かった」などの声が聞かれ、大変好評でした。
『小物作りを通した交流会』
2022-06-29
 小物を作りながら、楽しく交流活動をしたいという思いから、有志で会を立ち上げました。
 今回は、お家に飾れるような七夕飾りを作成されました。参加者同士でアドバイスをしたり、おしゃべりしながら楽しく活動されていました。どの七夕飾りも彩り豊かで素敵な作品が完成しました。
 作り終わった後は、みなさんで茶話会を行い、お話しに花を咲かせ、交流を楽しまれていました。
 今後も福祉センターを会場に定期的に開催されるそうです。どなたでも参加できるので、興味のある方は当会へご連絡ください。
『新聞CD利用者とその家族との交流会』
2021-10-15
 目の不自由な方やその家族の情報交換を兼ねた交流会が開催されました。主催した音声訳つわぶき会は、目の不自由な方や文字を読むことが困難な方に、広報や新聞等を読み、録音という方法で情報を提供している市内のボランティア団体です。
 会の代表の方からは、「互いに顔を合わせながら様々なお話しをすることができて、大変有意義な時間を過ごすことができた」との感想がありました。
 交流会が終了した後も、参加された皆さんが楽しそうにお話しをされていたのが印象的でした。

『地域お楽しみ交流会』
2021-06-24
 「地域の人が孤立することなく、つながり続けるためには顔を合わせる機会を持つことが大切」との思いから、上谷地地区で地域の交流会が開催されました。
 体温計・アルコールスプレーなどを用意して感染症対策をしっかり行い、講師を招いての脳トレ講座とスカットボール(スティックで球を打って得点穴に入れるスポーツ)を行いました。
 「脳トレの指体操や入りそうで入らないスカットボールの球の行方にいっぱい笑って楽しかった。また誘ってほしい。」「久しぶりにお友達に会っておしゃべりができて嬉しかった。」など大変好評であり、今後は定期的な交流の機会を持つこととなりました。
『ものづくり体験(干支工作)』
2020-12-02
 市内の小学生とその保護者を対象にものづくり体験が行われ、令和3年の干支である「丑(うし)」の置き物を作りました。地域の方から講師になってもらい、身近にある材料を使って、ものづくりを楽しみました。
 子どもたちは、講師からアドバイスを聞いたり、お手本を見ながら一生懸命作りました。完成すると、「楽しかった!」「上手にできたよ!」と嬉しそうに友達や保護者と話していました。
 多世代での交流を楽しみながら、それぞれの個性があふれる素敵な作品ができあがりました。
『笑いヨガで気持ちもすっきり』
2020-11-10
 10月に本町地域で開催されました。講師を招いて、笑いヨガ(”笑い”と”ヨガの呼吸法”を組み合わせた健康体操)を行いました。参加されたみなさんで一緒に体を動かし、声を出して笑うことで心も体も温まりました。このほかにも、健康についてのお話しを聞いたり、おしゃべりをしたりと、たくさんの笑顔があふれる会となりました。
 参加された方からは、「このような会があれば、また参加したい!」との声も挙がっていました。
 

社会福祉法人
三条市社会福祉協議会

新潟県三条市東本成寺2番1号
TEL.0256-33-8511
FAX.0256-33-3004

0
9
0
5
2
5
TOPへ戻る